「どんなウエディングドレスが自分に似合う?」
「選んだドレスが自分に合うか不安・・・」

そんな不安を少しでも和らげるウエディングドレス選びのコツをご紹介します。
ドレス選びで大切なのは全体のバランスです。
ご自分に当てはまるポイントをチェックしてみてください。


「身長が低い」「やせ型」

シンプルすぎると、華奢な印象になりすぎてしまいます。かといって、華やか過ぎるドレスだと、逆にドレスに負けてしまいます。大事なのはバランスです。

ドレスは上半身のデザインが華やかなビスチェ(袖のないドレス)、オフショルダーなど、スカートにはパニエやチュールを使ったボリュームのあるAライン・プリンセスラインがお勧めです。スカートのシルエットは、パニエの大きさを調整することでお好きなように調整することができます。

スレンダーライン・マーメイドラインの場合、トレーンが長いデザインで存在感をアピールしてはいかがでしょうか? 小物やコサージュなどは、体の大きさに合わせた、小さめのものがお勧めです。

「身長が高い」「やせ型」

背が高くて、やせ型の方は、シャープな印象になる傾向があるようです。シンプルすぎるデザインはその様な部分を強調してしまいますので、女性らしさを引き立てる、コサージュやレース、シフォンなどを使用したドレスをお勧めいたします。

また、ハイウエストのドレスは全体のバランスが崩れやすいので、ウエストの位置がそれほど高くないものや、切り替えしのないものがよいと思います。ドレスのお色はホワイトよりも、よりやわらかい印象のオフホワイトがお勧めです。

「身長が低い」「ぽっちゃり」

ボディーラインにメリハリをつけることで、バランスの取れたシルエットになります。特に重要なのはウエストラインです。V字の切り替えしやハイウエストは、ウエストのくびれを強調して、全体バランスを格段に良くしてくれます。

さらにAラインやプリンセスラインのドレスだと、上半身とのコントラストで、バランスの取れたシルエット作りにさらに効果的です。

気をつけたいのは、気になるお腹や胸回りを、コサージュなどで隠そうとすることです。そうすると、かえってその部分が強調されてしまうことがあります。できるだけシンプルにまとめましょう。気になる部分は思い切って出してしまうのも手です。

「身長が高い」「ぽっちゃり」

存在感があり、エレガントなドレスや大胆なドレスがが一番似合う体形です。ただ、彼とのバランスを考え、すっきりした印象になるようにドレス選びをした方が良いかと思います。

胸元が程よく開いたドレスや、ビスチェタイプ(ベアショルダーとも言います)のドレスがお勧めです。

シルエットではスレンダーライン・マーメイドラインがお勧めです。Aラインやプリンセスラインなどを選ぶ場合には、チュールやオーガンジーを使ったやわらかい印象のものが良いと思います。


「なで肩」

肩の部分にボリュームのあるドレスがおすすめです。やさしく肩を包み込むようなビスチェタイプのドレスや、スクウェアカット、オンショルダーのドレスなどがお勧めです。

なで肩の方は華奢な印象になりがちです。そのため、ビスチェタイプ(X2など肩が広く開いているドレス)ですと、寂しい印象になってしまうので注意が必要です。

「二の腕が太い」

二の腕を目立たなくするポイントは「すっきり見せること」です。その場合、「上手に隠す」方法と「思い切って全部見せる」という、2通りの方法が考えられます。

隠す場合には厚手の生地や、柄の大きなレースなどで隠すのではなく、ソフトな袖のあるレースや、腕の一番太い部分を柔らかく隠すようなデザインがおすすめです。二の腕に近い肩にコサージュなどをつけて、視線を分散させるのも良い方法です。 6089 6126 6123 6099 など

見せてしまう場合には、ビスチェタイプのドレスがおすすめです。勇気が要るかも知れませんが、すっきり見えて、太い部分が返って目立たなくなります。実際、体つきが大きいアメリカなどでは、ビスチェタイプのドレスが一番人気があります。(X2など)

「太って見える」「メリハリが欲しい」

一番のポイントは「上半身をコンパクトに」「スカートを大きく」です。 そうすることで、メリハリがはっきりし、スッキリしたドレス姿になります。 さらにウエストがV字の切り替えしになっているドレスは、より着やせ効果があります。 ドレスインナーで体のラインを整えるのも大変効果的です。


** ドレスの印象を驚くほど変えてしまうほど重要な小物。小物選びについてのアドバイスを載せています。**